子供の頃、猫を飼っている友達の家にいくと、必ず目がかゆくなりました。 子供だったので、あまり気にしていなかったのですが、明らかに猫アレルギーの症状でした。 大人になってからは、ぼんやりと『私は猫アレルギー』という認識はあったものの、 猫に接する機会もなかったので、意識せずに生活していました。 ところが昨年、我が家の庭に可愛い子猫が迷い込んできたんです。 親は最初、私が猫アレルギーだから飼うことに賛成しなかったのですが、 子猫のあまりの可愛らしさに私も親も追い払うことが出来ずに、そのまま飼うことにしました。 私は、『猫アレルギーと言っても子供の頃だし』と高を括っていました。 ところが、当たり前と言えば当たり前ですが、猫アレルギーは大人になっても治ってはおらず、 しばらく猫と生活していくうちに体がかゆくなってきてしまいました。 それでも子猫を手放す気にはなれず、注意しながら一緒に生活しています。 猫を触った手で目はこすらない、すぐに手を洗う、私の部屋には入れないなど。 かゆみ止めとして皮膚科でもらった漢方もとても効いています。 アレルギーは辛いですが、猫の可愛らしさに毎日癒されています。

Copyright © 2002 www.shotinbrasil.com All Rights Reserved.