仕事をしていると、誰でも1度は残業を経験したことがあるのではないでしょうか。仕事で失敗をしたり、急な仕事が舞い込んできたり、引継ぎをしようと思ったらその人が休むことになったり、残業しなければならない理由は様々あります。 理由はいろいろありますが残業する当事者の気持ちとしては、やりたい、やりたくないの2通りしかないのです。 残業をしたい人は、その仕事が好きだからと思っている人は少ないでしょう。お金を稼ぎたいからと思っている人がほとんどです。この手の人は、少しでもお金を稼ぐために仕事をゆっくり行って意図的に残業したりすることもあるくらいです。 一方残業したくない人は、定時になると即座に帰宅しようとします。お金よりも自分の生活を大切にしたいと考えます。仕事の忙しい忙しくないに関わらず自分の信念に基づいて行動するのです。 このように残業は理由に関わらず2種類の人間を提示してくれます。どちらの言い分もわかるところに、残業の賛否の難しさがあるのです。

Copyright © 2002 www.shotinbrasil.com All Rights Reserved.